smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
profile
UNIQLO CALENDAR
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

神戸の「いとう工房」さんに行きました。

一月の父との展示もないので、一月十八日からのマシコメンズコレクションというグループ展の準備をしています。
 

神戸観光をアップするといってそのままだったので、書きます。

明石焼き司で食べた明石焼き。あっさりしていて茶碗蒸しみたいでした。優しい味です。エビとタコを頼んでおでんも食べて美味しかったです。家族経営の話しやすいお店でした。


その土地のものを食べると、来たな!と思えます。

そのあとTwitterで気になっていた「いとう工房」さんへ。明石焼き司から歩いて10分くらいでしょうか。トワロードにあります。





時間を掛けて、一つ一つ扉が開きいろいろ動きます。 オートマタといいますか、電気でカラクリが動いて人とか乗り物が動くのです。
ガラスも手作り、全部手作り。この大作は一年半くらいかかったそうです。



小さい作品もキャラクターがユニークです。



ガラスや石、金属も溶かしたり削ったりして独特の世界を作っています。




もう感動しながら観ていました。
美術館のようです。



動画はYouTubeで「いとう工房」で検索すると見られますので観てみてください。チャンネル登録もよかったらお願いします。

作品はオーダー制作で、店の作品は購入出来ません。お店は食事や買い出し以外は開いてるみたいです。
興味があるかたは神戸に行った際にお立ち寄りください。

いとう工房
神戸市中央区下山手通り3丁目11-18

at 23:53, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

神戸「いきもにあ」を終えて

神戸から帰ってきて風邪をひいてしまい1週間ほどうだうだしていました。やっと回復しました。

神戸のいきもにあに参加したので、振り返っていきたいと思います。

いきもにあ全体の印象は、とても良かったです。また機会があれば参加したいです。スタッフの方々の対応も良く、行く前からTwitterで作品をリツイートしてくれるし、これは博物ふぇすもよくしてくれますが、SNSの事前の盛り上がりは大事です。ただ経費は結構かかるので、準備はしっかりしたいところです。

今回ブース位置が中二階というか一階からちょっと上がったところでゆったりとしていて、前にはお客さん用のベンチがあったりとしていて空間のストレスはほぼなかったです。





中二階から一階を見たところ



ステンレスカトラリーが人気でした。初日でだいたい無くなってしまいました。



真鍮ブローチも半分くらい無くなりました。

神戸のお客さんは勢いが良く、余り悩まない印象です。
ブース量も200で、フロアも二つと少しの会場です。周って見るのも疲れないちょうどいい規模だったのかもしれません。

ブース量も多く、会場も何フロアもあると何度も同じブースにも行けないし見疲れ、歩き疲れ、人疲れしそうです。



余り他のブースの写真は撮らなかったので何枚か、、こちらは熊本の画家adoさん



こちらは谷中のzooさんのぬいぐるみ。



マメホコリ工房さんの菌糸、、オートミールを食事しているそうです。



シンゼンさんのプラプラティラノ。前から気になってたので買っちゃいました。

あー楽しかったなー。

観光編はまた別にあげます。




at 01:20, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 日々のこと

-, -, pookmark

「いきもにあ」に参加してきます。





月末に神戸市で開催される「いきもにあ」に出店してきます。
ブース番号はD56です。二日間約200ブースの出店です。

都内のイベント「博物ふぇす」で知り合う作家さんが「いきもにあ出る?」と言うのが挨拶みたいな感じでして、審査に通ったら出てみようと思っていました。行ってきます初神戸。

明石焼きを食べるといいと陶器市に来てくれた方から助言がありました。

月末までもろもろ作るぞー。



#いきもにあ #神戸 #明石焼き #奥住陽介 #チンアナゴ #ヘビ #ウツボ #タコ #神戸サンボーホール

at 22:14, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 展示情報

-, -, pookmark

秋の陶器市終了ありがとうございました。

益子秋の陶器市終了しました。


今回から「くみあい広場」に変わり、分かりにくい中探して来ていただいたりありがとうございました。


作家友達と三人の合同テントとなり、両親の陶器も置いているのでいろいろあるテントとなっています。


まず、テントの場所の日当たりが良くて助かりました。

前は秋の日差しが全く無かったので随分違いました。特に今回は天気も良く行楽日和でした。

春は暑いらしいですが、どうなんでしょう、暑すぎるかもしれません。


そして横向きテントも思った通り良かったです。

前回まで縦型だったのでどうしても一組入ると次の方が入りにくい状態でした。


横向きでバックヤードも工夫することで広い展示空間になり、回遊していただけました。


三人の作家が店番するので、シフトを組んで休みを頂きました。

陶器市中休んだり、ぶらぶらすることが出来なかったので嬉しかったです。


準備と片付け期間が短いので、天気が悪いと大変そうです。今回は天気に恵まれたので良かったです。


もう少しコンパクトな什器の配置は必要かもしれません。


場所も変わって気分も変わりました。内装も改善しながらいいお店にしていきたいと思います。


春の陶器市は噂では8日間のようです。


写真を一眼で撮ったので何枚か、、ボケた写真が撮れてうれしいです。

多田羅窯のオバケの箸置きや置物はだいたいなくなりました。

谷口直之君のツリーのライトはクリスマスシーズンに良さそうです。

at 22:55, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 展示情報

-, -, pookmark

西荻窪アトリエ・ハコさんで真鍮ワークショップ

日時 11月9日土曜日
場所 西荻窪駅の近く「アトリエ・ハコ」さん
西荻窪南3-8-19ヤマイチビル3F

真鍮アクセサリー制作のワークショップです。ブローチやピアスなど、真鍮板を切って叩いてオリジナルアクセサリーを作ります。
経年変化が楽しめるアンティーク仕上げ。
講師 奥住陽介
時間 10:30〜13:30 定員7名 14:00〜17:00 定員7名
対象年齢は小学生高学年から 参加費 4000円 予約優先
予約質問はSNSか 奥住mailまで rugen08d@yahoo.co.jp

用意するもの エプロン 作りたいものの図案(5×7?以内で)
工程 真鍮板に下図を描き、糸鋸で切ります。 ヤスリでバリを取り、表面を金槌で叩いて表情を付けます。金具を付けて、色上げをします。(アンティーク仕上げ)
作れるもの ブローチ、ピアス、イヤリング、ペンダントヘッド、髪留め、指輪(隙間あり)、ネームタグなど。刻印打てます。

制作時間は2時間半です。ブレスレットコースは各クラス一名ずつなので、予約時にお伝えください。

時間としては複雑な形のブローチなら1つ完成するくらいです。 ピアスイヤリングだけなら2、3組、半分ずつ利用してブローチ二つ作る方もいます。
出来たものの金具代1つ分は参加費に含まれます。 追加分は別途かかります。100〜200円
#体験 #ワークショップ #アクセサリー #西荻窪 #吉祥寺 #真鍮 #中央線 #荻窪 #ブローチ #アトリエハコ



前回の生徒さんの作品です(午前の部)


こちらは午後の部


みなさん熱中していました。


他の機会の生徒さん作品です。




みなさん結構凝ったものを作ります。
初めての方はシルエットで完成するデザインがいいかもしれません。



ご予約お待ちしています。

at 22:45, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, ワークショップ案内

-, -, pookmark

秋の陶器市は「くみあい広場」テント村に出店します

「くみあい広場」は共販センターの駐車場から北に歩いたところの最初のテント村です。


両親の出店している「けんもくテント村」の隣なのでずいぶん近くなりました。

「その皿は隣にあるかもしれません」とか言いやすいです。



そうそう
唐突ですが梱包などで使う新聞紙が少ないそうで、もしブログを見ている方で余っている新聞束があれば欲しいのです。紙質の強さは毎日新聞が好きだそうです。

テントは大島くん、谷口くんと三人での出店になります。

三人テントにしたのは二人が忙しくなって縮小したいという事と、春長いからちょっと店番中休みしたい僕の思惑が合致した為です。

あとは「くみあい広場」はテントが横設置なのでそれも大きいです。

「じゃりん小径」は縦設置なので、人が入りにくいし出にくいと思っていました。

単純に気分も変えたかったのもあります。

「くみあい広場」はテント場所は抽選で、今回は組合の建物の裏手に立ちます。

  

良かったらお立ち寄りください。

そうそうスズメバチの巣は父ががんばって処理しました。

刺されなくてよかった。

萩の木にカマキリです。餌場の様です。あれ、ピント合ってないかな。

最近一眼レフカメラを購入しました。結構古いタイプの機材ですが、まだまだ使えそうです。

標準レンズだけなので別のレンズが欲しくなります。

作品を撮影する為に買いましたが、いろいろ撮れそうです。

大田原の由緒あるお寺に頼まれて釘と金具を制作していました。

釘が360本はさすがに多くて右手が腱鞘炎のように痺れています。



at 01:13, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 展示情報

-, -, pookmark

雨戸の戸袋にスズメバチ

涼しくなってきました。


制作しやすい天気です。


雨戸の戸袋にちょうどぴったりスズメバチの巣が出来てしまいました。



怖くて余り近寄れません。
上の写真は下の写真の数日後です。



戸袋の上から下まで既にみっしりと巣があります。
中はどうなっているんでしょうか。

キイロスズメバチかと思っていたらどうやらモンスズメバチではないか、とのことで、夜間も動くハチみたいです。

腹の付け根が赤いのが特徴だそうです。勉強になりました。

腹の縞々が波打っているのも特徴です。

2019年8月23日撮影

夜に完全武装でスプレーすればいけるかな、と思いましたが動くなら昼間でも変わらないですね。

ちょっと町に駆除の補助制度がないか調べてみます。

コメリでは2万で施行すると広告がでてました。

悩ましいです。




追記

父が頑張って駆除しました。
雨合羽を二重に着てバイクのフルフェイスヘルメットを被り、ゴム長靴を履いて挑みました。スプレーを2缶使用しました。まだ活発になる前だったようで特に襲ってくることもありませんでした。
スズメバチの駆除は個人ですることはおすすめしません。

at 01:25, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 日々のこと

-, -, pookmark

益子町 道の駅近くのひまわり畑を観てきました


先日17日に向日葵畑を観てきました。
期待してませんでしたが、結構壮観の景色でした。

 



天気は曇りで少しどんよりしていましたが見るには暑くなくちょうどよかったです。

 

遅めの時間帯だったので人もそこまでではなく見やすかったです。

昼間は凄い人なんだろうな。


この向日葵たちはオイルとかおつまみになるんでしょうか、、。

 



18日までがイベント期間とされてますが、しばらくは楽しめそうです。

 


 

 

at 00:41, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 日々のこと

-, -, pookmark

先日朗読会の音楽を担当してきました。

日曜日の夕方、宇都宮市大谷のイシキリテラスで朗読会があり、谷口直之くんとモノカタリガクダンとして参加してきました。

大谷は大谷石の産地で、地形や地下採掘跡などが面白い地域です。今回のイシキリテラスは切り出した大谷石の在庫置場でしたが、ここ数年手を加えて時々イベントスペースとして活用されています。




阿部早苗さんの朗読で宮沢賢治の「やまなし」「セロ弾きのゴーシュ」鉄のスリットドラムを演奏しました。



「注文の多い料理店」では谷口くんがピアニカで参加しました。

谷口勇三さんも参加して「真空溶媒」



最後は阿部さんのソロで「雨ニモマケズ」



段々と暗くなっていく石切場で、宮沢賢治の言葉の世界にとっぷりと浸かる二時間でした。
朗読会の伴奏らしいことをしたのは初めてでしたが、言葉との掛け合いを考え、主役が引き立つよう意識して打ち合わせやリハーサルをしました。
貴重な夏の経験をさせていただきました。 浴衣が思ったより風を通さなくて汗だくでした。

暑い夏になっています。

皆さま身体大事にお過ごしください。

at 23:30, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 日々のこと

-, -, pookmark

7/20.21博物ふぇすに参加します

夏休みの博物イベント
「博物ふぇすてぃばる6」に参加します。
3回目の参加となります。

くくりが博物なので、生物、考古学、地質、天文などをテーマにした作家や研究者が参加しています。

学研や動物フィギュアの海洋堂や出版社も参加していて、今年は約360ブースです。去年は約300ブースだったので増えました。
益子で活動していても知らない作家さんから「博ふぇす」どう?と聞かれたりするので、博物系イベントとして認知度が上がってきている気がします。






今回僕はH-34です。





最後の部屋なので多少はお客さん少なそうですね。



あと関西でも12月に「いきもにあ」という生き物イベントがあり有名なのですが、そちらも選考通りました。
行くの大変そうですが楽しみです。

at 18:40, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 展示情報

-, -, pookmark