smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
UNIQLO CALENDAR
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 13日から益子で展示です。 | main | やまにグループ展示終了しました。 >>

動物集合観てきました

国立近代美術館工芸館で開催している展示「動物集合」観てきました。
動物好きには堪らない内容でした。丁寧な仕事、構図とバランス、動物への眼差し、一つ一つ観入ってしまいました。
展示の図録がないのが残念ですが、ほとんど写真OKだったのでいろいろと撮りました。ただガラスケースの中なので反射したり遠かったり横がうまく見れなかったりしました。図録映えする内容なのになぁ
5月21日まで開催しています。

大塚茂吉 「猫」 スフィンクスのような出で立ち。生地に色泥で点々を描いて焼成してある陶作品。泥象嵌かな?テラコッタとあるので素焼きですね。


鈴木治 「馬」 陶オブジェ
「走泥社」結成メンバー。簡略化された形が力強いです。


増田三男 「雪装雑木林月夜飾箱」 漆、銀、鍍金。狐が絵本の様なデザインで素敵。

藤平伸 「鳥」
ゆるやかで詩的な表現が好きな作家です。


佐々木象堂 「蝋型鋳銅置物 三禽」

桂盛行 「鶉四分一打出水滴」 おそらく銀を鍛金して形作り、色金(四分一、金、赤銅)の細かいパーツを埋め込み色を変えています。かわいい。

松田権六 雀 大先生なんだろうけどいい作品ばかりでした。前にテレビで見ていいなぁと思っていたので何点か見られて良かったです。


香川勝広 「銀製置物 蓑亀之彫刻」 亀が強面でリアルです。

鈴木長吉 「十二の鷹」から伍
超絶技巧の鷹です。1893年シカゴ万博出品作品です。


高野松山 「群蝶木地蒔絵手箱」
木目木地が生かされていて、それが新鮮でした。


鳥毛清 「緑風」 漆器 沈金飾箱


バーナード リーチ 「蛸図大皿」


二時間じっくりと見学しました。
面白かったです。

at 23:16, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 23:16, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark