smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
profile
UNIQLO CALENDAR
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

ネットショップについて

作家業として、作品をどう販売するか、は大きな問題です。

 

その一つとして、ネットショップも考えていい時代になりました。

 

ネットショップとしては

完全に自分でフォームなどを作って運用するタイプと、

 

「箱」を用意する会社があり、売れた場合にパーセンテージが引かれるシステムのネットショップがあります。

 

クレジットなどのセキュリティの問題が多いにあるので、知識がなければ「箱」を使うのがいいと思います。

 

よかったら作家「フォロー」や作品「お気に入り」をお願いします。

 

・iichi  いいち

まつもとクラフト市から派生したネットショップ。

クラフト作家が好んで利用しますが、パーセンテージは二割。

シンプルで落ち着いたデザイン。

作家価格が普通に浸透している。

設定した店名が検索で出る。(奥住陽介のショップページ

 

・minne  ミンネ

ホビー作家から主婦の趣味制作、クラフト作家などなんでも来いのネットショップ

パーセンテージは一割。

価格帯は安いものが多い。1000円前後のものがよく動いているようです。

分かりやすいデザイン、女子力高し。かわいい押し。

設定した店名が検索にかからない(奥住陽介のショップページ)こちらのほうが消費税分くらい安く設定しています。

 

以下minneの広告です。登録する場合はよろしくお願いします。

 

minne(ミンネ)はハンドメイド作品のオンラインマーケットです。

手作り作品のネット販売が、月額利用料「0円」で行えます。

お金のやりとりはminneが代行するので、初めての方でも安心です♪

パソコン、スマホどちらからでも
すぐにあなたの作品を販売できるminne(ミンネ)はこちらから。

 

他にもクリーマなどよく宣伝してるのがありますが登録もしていないので割愛します。

 

マルシェやクラフト市、フェアなどの作家さんをみても、いくつかのネットショップを掛け持ちして販売していますね。

 

見ている人が多いショップを選ぶか、趣味が合いそうなショップを選ぶなどするといいでしょう。

 

傾向としては、1000円前後〜3000円ほどの作品ならネットで買ってみてもいいかな、と思うのではないでしょうか。

 

検索機能も充実しているので、「ブローチ」や「真鍮」で検索しても色々とヒットします。

 

 

 

 

消費税も間違いなく上がります。

 

今現状の販路だけでは狭いですし、展示会場のパーセンテージも厳しさを感じます。陶器市だけでは尻すぼみになります。

 

これは僕が益子で金属を生業としているところも関係してそうですが。

 

もちろん今までの出会いには感謝しかありません。

 

欲しいと思う人の多いところで販売する。時代だと思いますが、ネットショップも活用しなくちゃいけなくなりそうです。

 

at 01:46, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, ネットショップについて(ミンネ、iichi)

-, -, pookmark