smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
profile
UNIQLO CALENDAR
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

虫夢虫展参加します。6/7から11日まで

神奈川県の東林間なので、都内に行く気分で行くと少し遠いのですが、東林間面白いとこです。

博物好きは楽しめると思います。

海福雑貨

うみねこ博物堂

ナツメヒロ

がテクテク歩いて楽しいお店ですが、
ナツメヒロhanareといってこの中では駅に近いところで虫モノ企画展があります。


今年で三年目の「虫夢虫展」ですが、僕は初参加です。虫の雑貨を制作、音楽、絵も描く「お拾いもの」さん企画です。

真鍮ブローチと緑青の昆虫、鉄物を何点か展示します。お任せ展になりますが、ちょろっと行けたら行きたいです。

思いたって「maimai」テープカッターを二つ作りました。


幼虫ブローチは眼をいれてみました、実際は片方に六個あるようです。見えていない眼もあるようですが、、


虫ブローチはだいたいこのくらい出します。

虫系といえば「博物ふぇすてぃばる」今年も参加します。7/21.22で土日両日出展してみます、スペースの小ささをどう克服出来るか、、が課題ですね。

こちらは虫系と生き物全般で参加してきます。

at 19:58, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

博物ふぇすてぃばる参加してきました。

東京九段下 科学技術館で22.23日に開催された「博物ふぇすてぃばる4」に参加してきました。

イベントは二日間ですが、初日の1日だけの参加です。



ブースはこんな感じです。
250ブースの参加で、ものつくりの作家や企業、大学の研究室からの参加があったり、別室では専門家の公演が順次行なわれていたりして充実した内容でした。



たまたま見られた公演
土偶マイム」白鳥兄弟

考古学者でパフォーマーの博士の体を張った土偶の表現です。

土偶体操も披露してくださいました。

土偶もいろいろあって面白いです。



搬入に入った頃にはもう会場の外に並ぶ列が出来ていて、スタートで小走りで駆け抜ける人もいました。どこでも人気の作家さんがいるんですね。

 

僕はといえば、スーツケースで行けるだろうと思ってたら思いのほか重くなってしまってヒイコラしながら運び、二人で行きましたがぎりぎり搬入完了。初めてなので少しわたわたしてしまいました。帰りは段ボール箱一つ送る手配をしました。



クジラとマンタのやじろべえです。
なかなか人気がありました。



博物ふぇすならではの「ガクタメ」といってテーマを決めて発表する課題があります。

僕は「金属工芸 透かし技法によるナミアゲハ」をテーマに制作の過程をパネル、作品で展示しました。

糸鋸で切っている姿の写真があってもよかったですね。


何気に人気は博物ふぇすバージョン「チンアナゴスプーンフォーク」と「ヘビのマドラー」でした。ヘビのマドラーは売り切れました。



二日目はお客として視察しました。
ブースが多いので回り切れませんでした 。こちらが視察の成果となります。

くぼやまさとるさんの新しい図艦 「ニセ蟲図鑑」

魅惑の微生物さんのプラバンブローチ

うみねこ博物堂さんで今更ながら宝石象虫。

帰りがけに小トンボ展さんのヤンマのイラスト

虫ものばかりですね。

ほかにも欲しいものはありましたが我慢しました。

見て、作家さんにあれこれ解説してもらうのも勉強になります。

 

自分の作品についてはまたアップします。

 

 

<博物ふぇすてぃばる> <博物ふぇす>

at 21:38, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

動物集合観てきました

国立近代美術館工芸館で開催している展示「動物集合」観てきました。
動物好きには堪らない内容でした。丁寧な仕事、構図とバランス、動物への眼差し、一つ一つ観入ってしまいました。
展示の図録がないのが残念ですが、ほとんど写真OKだったのでいろいろと撮りました。ただガラスケースの中なので反射したり遠かったり横がうまく見れなかったりしました。図録映えする内容なのになぁ
5月21日まで開催しています。

大塚茂吉 「猫」 スフィンクスのような出で立ち。生地に色泥で点々を描いて焼成してある陶作品。泥象嵌かな?テラコッタとあるので素焼きですね。


鈴木治 「馬」 陶オブジェ
「走泥社」結成メンバー。簡略化された形が力強いです。


増田三男 「雪装雑木林月夜飾箱」 漆、銀、鍍金。狐が絵本の様なデザインで素敵。

藤平伸 「鳥」
ゆるやかで詩的な表現が好きな作家です。


佐々木象堂 「蝋型鋳銅置物 三禽」

桂盛行 「鶉四分一打出水滴」 おそらく銀を鍛金して形作り、色金(四分一、金、赤銅)の細かいパーツを埋め込み色を変えています。かわいい。

松田権六 雀 大先生なんだろうけどいい作品ばかりでした。前にテレビで見ていいなぁと思っていたので何点か見られて良かったです。


香川勝広 「銀製置物 蓑亀之彫刻」 亀が強面でリアルです。

鈴木長吉 「十二の鷹」から伍
超絶技巧の鷹です。1893年シカゴ万博出品作品です。


高野松山 「群蝶木地蒔絵手箱」
木目木地が生かされていて、それが新鮮でした。


鳥毛清 「緑風」 漆器 沈金飾箱


バーナード リーチ 「蛸図大皿」


二時間じっくりと見学しました。
面白かったです。

at 23:16, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

小山おでかけ

ワークショップづいているので
たまには別の記事を、、、

小山行ってきました。
谷口勇三さんと直之君の展示を見るためですが、(たから園現代工芸で七月三日まで)

 

小山市にある録ミュージアムにも寄ってきました。

録ミュージアムは私設美術館で、カフェも併設というか一体としてデザインしてあります。

 

ホームページ



行く前情報だと、自然豊かな丘にあるのかなーと思いましたが道路脇にお店、くらいの感覚で佇んでいました。建物サイズも変形ではあるが一軒家ぐらい
ギャラリースペースには5枚ほど絵画が掛かっていました。
立体が二体あっても良かったです。
これは僕が立体好きだからだと思いますが。

食事は少し高めですが美味しかったです。

建物が面白い。木造で造られてるそうですが、樹形に沿わせて内側にRがつく形の屋根です。



シングル葺きだそうです。よく貼ってありますね。時間かかったろうなあ。

建築は 中村拓志建築デザイン

 

録カフェ・ミュージアム  食べログ

お店は女性一人で切り盛りしていますが、建物のことなどお話ししてくださいました。

at 23:55, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

2k540 AKI-OKA ARTISANに寄りました





東京に急遽行ってきたので、気になるスポットを見てきました。



2k540 AKI-OKA ARTISAN

ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン

だそうです。



秋葉原から御徒町の駅間高架下倉庫をリノベーションした一角です。

御徒町は貴金属卸、貴金属加工店や金工工具店シーフォースがある町です。



白を基調としていてキチンと整備されていて見やすい構造です。



作家さん、というよりはお店としてやらないと経営出来ない感じはします。そのせいか、会社、ブランドとして店づくりをしていて面白さの薄い店舗もあります。それでも何件か作家やデザイナーが経営する店舗もあり、僕はそっちに目がいきます。

カフェもあったり、ちょっと脇道に小さいお店があったりとけっこう楽しめました。


アート、写真などのギャラリーが二軒くらいあるとグッと面白い場所になりそうです。

火曜日で休みの店舗もありました。

週末はけっこう賑わいそうです。




ちょっと変わったガチャガチャ。色がきれいです。



読みやすい記事はこちらから



2k540のホームページはこちらから

at 23:20, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

恩地孝四郎展見てきました!

三月になりましたが朝晩寒いですね。

先日ですが、恩地孝四郎展が終わってしまうので見に行ってきました。

版画界では有名な恩地孝四郎ですが、今改めて評価されているようです。



若年の「月映」の頃から抽象的な版画まで結構な量が展示されていました。

「月映」は宇都宮美術館で見たのでササーっと見て、後半の抽象的な版画を中心に見ました。リズム感と構成の仕方とか、モダンで好きです。海の生き物をテーマにしたシリーズ物も好きでした。似たテイストにならないで、いろいろと試してるんだろうなと感じました。

その後新国立美術館の五美大卒展を見て若さってエネルギーだなぁと感じ、菊池ビエンナーレを虎ノ門の智美術館でやっていたのでそれも見てきました。

















ここまで美大展の作品です。
生き物多めですね。



菊池ビエンナーレは現代陶芸の公募展ですが、造形的な作品を目指すならいい公募展だと思いました。内装もかっこいいです。

その後間違えて渋谷に降りて、ついでだからと渋谷ヒカリエに行ってみましたが、渋谷で人疲れしてしまって適当に帰りました。渋谷は人多いですね〜



at 22:47, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

茨城県自然博物館レポート

先日ですが前から行きたかった茨城県自然博物館に行ってきました。リンク



思いの他大きい建物で、展示もしっかりしていて驚きました。
二時間じゃ足りない内容です。



受付を過ぎてマンモスがお出迎え(複製)



骨好きにはたまりませんね。



ぴょん



ちょっとした水族館並みに魚がいます。


猫の目線が感じられるマスク、、
視界は悪かったですね〜


このときやっていた企画展です。
なかなか充実していて、内容も濃いし、飽きさせない展示の作り方をしていました。ダンボールのムカデも本格的ですね。


太古や宇宙をテーマにしたブースがあったり


変わった植物の化石の複製




なんだか哀愁のある恐竜親子がいたり。


骨かっこいいですね。


写真が骨多めですね。

外には菅生沼があり、野鳥が多く飛来します。晴れていればバードウォッチングも楽しめそうです。

5時閉館なので駆け足で見て回りましたが、1日楽しめますね。

来る途中に三叉廊という喫茶店があって、懐かしい味わいのナポリタンとカレーを食べました。オススメです。

at 23:10, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

桜川市の彫刻展ー続き

12月ですね
一月の展示に向けて追い込み、、ですが鼻風邪ひいたみたいなんで今日は寝ます。

先日行けたんで残りの写真をあげます
遅くなりましたー








いろいろ考えますねー
石や木、樹脂、鉄などの素材です。

里山のあちこちに作品があって、ちょっと広範囲過ぎかな?
自転車で見るのはキツそうでした。
でも僕が住む地域より見晴らしが良い解放感のある田舎で素敵な場所です。

風や光、動き、立体の影を意識した作品が少ないが残念でしたが、そういうグループの傾向ってあるんですかね。

自分が野外に作品を置くならどうするかなーと
いい勉強になります。

at 22:07, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

茨城県桜川市の彫刻展

岩瀬から筑波に抜ける途中で看板が出ていたので見に行ってみたら、結構大掛かりに里山を利用した野外彫刻展となっていました。

半分くらいしか見れなかったんで、時間がとれたらまた見に行こうかなー



















とりあえず写真とったやつをあげます。

全部で38人の参加、11月24日まで。
点在する作品を、自転車か車で見て回る感じです。
自転車だと2時間半から3時間かかるらしい。
天気の良い日なら気持ち良さそうだけど結構距離もありそうです。

野外展示は興味があるので勉強になります。
光と影、風と水、作品と関わる環境とのバランスで見え方も変わるし、見せ方もいろいろあるなぁと思いました。

at 12:22, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark

展示も終わりまして

だんだんと暖かくなってきて
珍しく散歩したりしました。
運動不足ですね。
風は少し冷たさを感じます。

春の訪れはないかと思ったんですが、ちょこちょこ小さい花が咲きはじめたかな、というくらいです。

友人の建築の展示を見たりして、
間取りって気になりますか?



めがね、という映画のダイニングルームというか食堂?が気になります





なんか空気の抜け感が好きなんです。
南の島だからいいのかな?

at 23:47, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, スポット紹介(益子以外)

-, -, pookmark