smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
profile
UNIQLO CALENDAR
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

父の陶器をさっと紹介

9日間の陶器市も終了しました。

来て頂いた皆さまありがとうございました!

もう何年もやっている陶器市ですが、ここまで大きくなってしまったイベントは少ないのではないでしょうか。人もテントも多いので初めて来た方は驚かれるかと思います。

午前中天気が悪い日もありましたが、概ね晴れて暑いくらいでした。





正面から見たときに、陶器の良さが見えにくいかな、と思いました。
もっと器が見えるレイアウトにしたいです。



ラベンダーもゆっくり浸透している印象です。





定番の碧釉もいい色に出ました。



鉄赤もいい色です。
鉄赤は漆の器のような扱いで食卓にあると華やかな器です。


花器をもう少し効果的に並べてもいいかな、と思いました。

秋の陶器市は4日間、来年の春は10日間だそうです。
秋は10月にやればいいのになー。

ひとまずお疲れ様でした!

at 15:54, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 作品紹介(父)陶芸家

-, -, pookmark

奥住久雄作の陶芸作品を紹介します

展示も前半ですが、今日は午後からどんよりしてきて冷たい雨が降ってきました。
栃木山間部では雪になるようです。
明日起きてたときに雪が積もっていませんように。


あまり父の作品を紹介していなかったのでここで紹介します。

トルコブルーの色が特徴的なシリーズです。



下のスペースの陶プレートに石が置いてあるものは盆景といって、陶の盆に砂と石で景色を観る遊びです。碧釉の表情も深い海の様でいいです。



今回制作した掛分け花器です。
渋いザラザラした青の表情です。


花器など。飾りやすい小ぶりなサイズです。


シンプルで使いやすい形、カップなどは口当たりのいい仕上がりになっています。
今回会期は1月22日までとなります。
よかったらお立ち寄りください。

at 23:39, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 作品紹介(父)陶芸家

-, -, pookmark

轆轤をひく

陶芸家の息子ですが陶芸は余りしていません。

タイミングが合ったので轆轤を使わせてもらいました。



今回は削りもやってみました。


この時中心を出すのですがなかなか出ないんです。難しい。

内側を白泥掛けします。




手ぬぐいが和風なんで祭りの踊りの様でした。



父の見本を見て、だいたい自分でやりました。

また作らせてもらおう。



フリーカップはいくつか黄土掛けをして線をひきました。

出来上がりが楽しみです。



梅雨入り宣言しました。今週は曇りが多いようです。





at 23:47, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 作品紹介(父)陶芸家

-, -, pookmark

奥住久雄の陶芸作品

明けましておめでとうございます。

 展示も二日から始まりました!

日本海側、東北、北海道軒並み大雪みの様子ですが益子は雪降らないですね。

しんしんと雪が積もっていく景色を見るのは好きですが、あくまで見るのが好きです。

大学が山形だったのでボードでもやるだろうと思っていましたが、やっていくうちにスピードを出すのは好きでないことが判明し、新しく軽くてしなやかでコントロールしやすいい板を買うか、ここでやめるか、という選択でまあ、お察しのとおり足を洗ったのでございます。

以来雪の心配といえばスタットレスをもってないので

用があるときに降ってはくれるなよ、と

今くらいの温暖化はいいのかもしれない。  などといけないことを思ってしまうのであります。

さて

せっかくなので展示の写真を



父の掛け分け葡萄紋花器です

葡萄紋は久しぶりですね。



父の手つきのカップです

フリーで描いたんですが、しばらくやってなかったデザイン画の感覚が楽しかったそうです。

気が緩んだのか風邪をひきそうな父です。

僕は明日も昼前には店頭に立っております

いろいろな方とお話ができるのが展示のいいところですね

普段あまり外にいかないので、入ってくる情報が新鮮です。

ネットでも情報は手に入りますが、話し手の温度や気持ちの伝わりかたは比でないな、と思いました。

at 23:26, 鉄工芸作家 http://okuzumi.sunnyday.jp/, 作品紹介(父)陶芸家

-, -, pookmark